税理士法人ファンウォールの6つの強み

相続税専門の税理士が対応するから安心!

日本にいる税理士の数は平成28年度末時点で76,493人。税理士制度|国税庁
一方、平成28年事務年度分の相続税の申告件数(被相続人ベース)は約136,891件。
平成28年分の相続税の申告状況について|国税庁

税理士1人あたりの年間行う相続税の割合を表すグラフ

単純計算で考えると、日本の税理士は一人あたり年間で約1.8件(136,891件÷76,493人)しか相続税の申告を行いません。(非常に簡単な案件の場合は、税理士に頼まずに相続人が自ら申告する場合もありますから実際の件数はもっと少ないはずです)

これがどういうことか?というと、日本の税理士のほとんどは適切な相続税の申告を行うための経験が不足しているというコトです。

そもそも、多くの税理士先生が業務領域とする所得税や法人税の知識を日々アップデートするだけでも相当の労力が必要です。専門領域が他にあるのに、それに加えて「相続税」の勉強までする・・・というのはかなりの困難が伴います。

従って、相続を専門にしていない税理士先生が相続税の申告を行うと、

  • 大幅な節税が可能になる特例が適用可能なのに制度の存在を知らないために納税額が増えてしまう。
  • 土地の評価減ができるのに、よく分からないからといって高い評価額のまま申告をしてしまうしまった。
  • 本来申告しなければならない財産なのに、課税されるものと知らずに申告を進めてしまう。

といったミスが、どうしても起こりやすくなってしまいます。

しかし、ご安心下さい。税理士法人ファンウォールの税理士は全員が相続税専門です。
日々相続税の知識をアップデートし、様々な事例の相続税申告を行っている税理士が、あなたにとって最適な方法で申告業務をご提供致します。

明朗会計だから安心!費用が発生する場合には必ず事前に説明します!

士業に仕事を依頼する時、こんな不安を持っていませんか?

  • 相場観が分からない・・・ボッタクられたらどうしよう
  • 後付けで料金を上乗せされたらどうしよう

特に、知り合いでもない士業の人間に相談する時はこういう不安が出てくるのも当然です。実際、私達のような税理士でも取引のない士業の方と仕事をする時は不安です。
日常的に士業の人間と関わりのない人であれば尚更不安でしょう。

また、上場企業でも情報弱者を対象とした際どいサービス(悪どいと言った方が正解でしょうか)を展開し、消費者のお金を搾り取っている企業もあります。

  • 頼んでもいないオプション料金が毎月請求される
  • 初月無料だから申し込んでみようと思ったのに実は定期購入だった

(1.参考:キャンペーンの条件として高齢者に不必要な契約をさせた携帯電話会社(相談事例と解決結果)_国民生活センター)
(2.参考:「定期購入が条件」である旨が分かりにくい健康食品の通信販売業者(相談事例と解決結果)_国民生活センター)

こんな事例よく見かけますよね。
上記事例の手法は、いわゆる”売上を増やすためのマーケティングの一つの手段”ではありますが、お客さまを大なり小なり騙していることに違いはありません。消費者としてこういう事例に遭遇すると本当に嫌な気分になります。

私も、携帯会社の複数年契約縛りに関連して無駄な料金を払わざるを得ず、とても嫌な気分になったことがあります。

税理士の場合、税理士法37条において「信用失墜行為の禁止」が規定されていますので、ほとんどの税理士は依頼人を騙すような行為はしません。が、稀に説明責任をきっちりと果たさずに、後付けで料金を請求する税理士がいるという話も聞きます。
このような事例があると、相談することすら億劫になってしまうのも仕方ありません。

そこで、我々税理士法人ファンウォールでは、費用が発生する項目に関しては必ず事前にご説明し、ご納得頂いてから作業に取り組むように致しております。

我々は「明朗会計主義!」をモットーとしており、説明のない項目に関して追加で費用を請求することは一切ないことを誓います。

ご納得頂けるまで何度でも説明します!

高いお金を払ったのに不満が残る買い物だったな・・・

日々生活する中でこのようなケースに遭遇することは少なくありません。
私も仕事がら、数十万円以上するサービスに申し込むことがあります。そして「失敗した。高い勉強代だったな。」と不満を感じる事があります。

で、自分なりに何が不満を感じる原因となるか考えてみたところ、やはり「担当者のサポート不足」というのが不満の原因になることが多いのかなと思います。

もちろん、購入した商品・サービスそのものの質に対して不満に感じることもあります。しかし、そういう場合でも担当者が懇切丁寧にサポート・アフターフォローしてくれると、不満も緩和されることが多いんですよね。
なので、購入した商品やサービスへの満足度は担当者のレベル感に応じて変わってくるのかなと思っています。

相続税の申告も弊社の場合で最低20万円以上かかる高額サービスです。
依頼人の理解なしに、申告したからハイ終わり!とできるような金額のサービスではありません。

私達税理士法人ファンウォールは、依頼人様がご満足頂けるサービスを提供するためご納得頂けるまでとことんサポート致します。

分からない事があれば依頼人が理解できるまで
ご納得頂けるまで何度でも説明する。

サービスを提供する側として当たり前の事を真摯に実行するのが税理士法人ファンウォールです。業務依頼後、気になった点はお気軽にご相談下さい。

土日祝対応(平日夜間含)&全国出張可能

相続人の中には、

仕事があって平日の日中は相談に行けない・・・

という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方のために、税理士法人ファンウォールは「土日祝日(平日夜間含)対応可能」としています。もちろん、事前に予約をしていただく必要はございますが基本的にいつでも対応可能です。お気軽にお問い合わせ下さい。

また、弊社が兵庫県神戸市に所在している事から関西圏でしかサービスを提供していないのでは?と聞かれる事がありますが、そんな事はありません。

税理士法人ファンウォールは「全国出張対応可能」でございます。
こちらも事前予約が必要ですが、日程調整の上で全国対応させていただいております。

  • 遠方に住んでいるが関西に財産のある方
  • 関西に住んでいるが遠方に財産がある方
  • 関西に住んでいないし財産が関西にあるわけでもないがファンウォールに相談したい方

どんなケースでもOKです!お気軽にご連絡下さい。

※事務所以外での面談は、1面談あたり5,000円(税別)の出張費および交通費(宿泊が必要な場合は宿泊費含)を頂戴しております。あらかじめご了承下さい。なお、いずれかの弊社サービスをご依頼いただける場合には出張費は無料とさせて頂きます。また、相続税申告以外の相談に関しては相談料として1回60分あたり10,000円(税抜)の相談料を頂戴しております。

依頼人の手間を極力削減するワンストップサービス!

士業と言っても私達のような税理士だけでなく、弁護士や公認会計士・司法書士・行政書士・社会保険労務士・不動産鑑定士など様々な士業が存在しています。

そして、各士業には法律による独占業務(*)が存在し、単独の資格のみを保有しているだけでは、お客さまの悩みを全て解決するサービスを提供することが難しくなっています。

*(たとえば税理士だと「商売として継続してお客さまの税務相談にのったり、申告書を作成する業務などが独占業務です)

そのため、お客さまにご満足頂けるサービスを提供するためには各士業との連携が大事になってきます。

税理士法人ファンウォールでは、単に資格を持っている士業ではなく”相続税に強い他士業“の方と連携することで、満足度の高いワンストップサービスを提供させて頂いております。

ファンウォールと他の士業の関係を表す図

相続した財産の活用・防衛方法も提案できる!

税理士法人ファンウォールに所属する相続専門税理士は、全員がファイナンシャルプランナーの資格を持っています。

故人から相続した大切な遺産を守るためには最低限の金融知識が必要です。
日本では「お金の話をするのは汚いこと・恥ずかしいこと」とされているフシがありますが、人間が生きていく上で必ず必要になってくるのが”お金”です。大事な”お金”の話をすることは決して卑しいものでは無いのです。
公的年金の破綻問題が取り沙汰されていることからも分かるように、これから先の日本では最低限の金融リテラシー(お金の知識)を持っているかどうかが非常に大事になってきます。

弊社サービスを申し込んで頂いた方には、お金全般のプロであるFP的な観点から財産の活用・防衛方法について簡単なアドバイスが提供可能です*)。

*より詳細なコンサルティングを希望される方には、関連会社である株式会社ファンウォールが提供するコンサルプランを割安価格でご提供させて頂いております。お気軽にお問い合わせ下さい。

ロゴ:フリーダイアル0120-888-226

営業時間 平日9:00-21:00/土曜9:00-18:00

メールでの
お問い合わせはこちら
トップへ戻る